> Art therapy
アートセラピー

アートセラピーとは


アートセラピー 〜エモーショナルライトワークショップ〜

カウンセリングの現場でも用いられる心理療法の一つです。

創作活動自体が癒しといえますが、暁〜Akatsuki〜のアートセラピーでは、言語化しにくい曖昧な心を、アートの力でイメージ化することで、自分の本当の感情に気づいていくことを目指しています。


・『エモーショナルライトワークショップ』 at クリスタルヒーリングアカデミー(2015年 4月17日)
・セラピーフェスタ『自分にご褒美セラピーブレイク!』at こどもの城 (2014年11月16日)



こんな方におすすめです


自分の中のイライラ、やるせなさをもてあましている。モヤモヤ曖昧な心模様を視覚化することで、気持ちが整理され、落ち着き、心身の解放につながります。


子どもの気持ちがわからない。言葉で表現することに未熟なこどもにとって、アートは心を表現する大切なツールです。 アートから浮かび上がるメッセージから、子どもの内面を知る糸口を見つけましょう。子どもの側からも、言葉で言われるよりも、絵で見せてもらう方が理解し やすいことは多いのです。言葉を重ねるより、一つの絵文字で伝わった経験をお持ちの方も居るのでは。絵で会話することで、コミュニケーション能力を促進し ます。


不登校、仕事に行き詰まり未来が見えない。役割優先で自分に枠をかけている人にとって、内面とアクセスしやすい自由な創作活動の 場で、本当の自分の感情に気づき、未来への方向性を見つけるきっかけとなることがあります。心身が弱り、言葉を発することができない。安全な環境で、絵画 やコラージュで素直にストレートに感情を表すことで、自分の気持ちを表現しやすくなります。



アートセラピー 〜エモーショナルライトワークショップ〜
セラピストの方へ


アートセラピーの目的は、絵画の分析ではありません。
クライエントが表現したアートに表現された心模様を、一緒にあじわい、寄り添い、クライエント自身が気づきを発見するのをサポートしましょう。



ワークショップについて


人は知らぬうちにストレスを抱え、その悩みやストレスに耐えながら、あるいは気づかぬ振りをして過ごしているものです。自分の本当の気持ちに気づき、慈しむことが、次の一歩へと踏み出す勇気を与え、ストレスケアにつながります。
アートセラピーで、心身を健やかに導きましょう。

●海を飛ぶたねワークショップ
「海を飛ぶたね」絵本を読み、物語を追体験するようなワークをして、
アートで表現します。海を飛ぶたねワークショップ
遊びながら、心を解放していくワークです。

2014年10月
世田谷区指定有形文化財、旧小坂邸にて開催しました。

●風景構成法
潜在意識の中にある、本当の感情への気付きを促すワークショップです。
横浜市のベジ酵母カフェで開催しました。
当日の様子が、HAMAWO(横浜のWEBマガジンで紹介されました)海を飛ぶたねワークショップ

●エモーショナルライトワークショップ
東京都調布市にある、クリスタルヒーリングアカデミーで開催しました。

○お問合せページ
○Misuzu-session



*エモーショナルライトワークショップ*
アートセラピーが何故そんなにも内面とアクセスしやすいか。
それは、五感の刺激が鍵となります。


エモーショナルライトワークショップでは、アート遊びの中で、五感を刺激し、気づきを促す要素をちりばめています。
ワークショップの中心は、自分の四つの心の状態(嬉しい・悲しい・リラックス・怒り)をアートで表現して頂きます。その際、五感をフル稼働して頂きます。
アートセラピー 〜エモーショナルライトワークショップ〜
あなたの嬉しいは、どんな色でしょう?
はずんでいる?静か?季節はいつですか?風は吹いている?何か音は聴こえる?どんな香りがする?
時、場所、一緒に居る人、環境により、自分の感情の色も変化します。

あなたの楽しいは、誰かの楽しいとは違います。
あなただけのオンリーワンなのです。
今、ここに居るあなた感情を、大切に見つめてあげましょう。

自分の中のポジティブな感情に、より光をあて、エネルギーを高めましょう。
ネガティブな感情を見極め、発散させ、心のデトックスをはかりましょう。
灯りに照らし出された感情を 見つめた時、そこには解放や気づきにつながる発見があるはずです。
アートセラピー 〜エモーショナルライトワークショップ〜
お一人で 体験して頂いても、もちろん癒しにつながりますが、グループセッションならではのスキンシップがありますので、親子で、パートナーと、御友達とご一緒に体験すると、心のコミュニケーションのきっかけとなります。

自分自身への気づき(自己理解)、人との違いへの気づき(他者理解)、が深まり、交流することで、絆を深める機会となれば幸いです。

絵の上手い下手は全く関係ありません。色で遊ぶ、素材と親しむ、そんなささやかなことが、心の癒しにつながります。お互いの心の扉が開かれた時、そこには、新しい風景が現れてくるでしょう。

自分が紡ぎ出す、一枚の絵がもたらしてくれる、気づきは偉大です。講師の暁自身も、一枚の絵をきっかけに、子どもとの関係が、苦悩から、面白くて仕方がないものに変わっていきました。
エモーショナルライトで、心ほぐれる時間をお楽しみください。